検索
  • cap innovation

地球に優しい事。

屋久島は自然が豊富で稀有な環境だから世界自然遺産に登録された。

これは良く話される事ですが、「貴重である」という事はついつい忘れられがちなところ。

日本国内で世界自然遺産に登録されている場所は屋久島、白神山地、知床、小笠原の4か所。これに対して世界文化遺産は19か所あります。

世界でみると、文化遺産869件、自然遺産213件、複合遺産39件(2019年)となっていて、文化遺産に対して自然遺産が少ないという事がわかります。

規模の大小はあるものの、人類が長い歴史をかけて遺した物がある一方で失った物も多かった事が伺えます。


屋久島も長い人の歴史の中で、この自然が失われかけた事がたくさんありました。

屋久島の歴史を知れば知るほど、今残されていて本当に良かったなと心から感じます。


そんな風に心から感じる中で、改めて自分の生活の中で自然に優しい生活が出来ているのか、地球に優しく出来ているのかなと考えると、現実出来ない事の方が多いというのが正直なところです。

でも、言い換えれば少なからず出来る事はあるというのも事実です。


私は山も登るし、岩も登るし、川でも遊ぶ、釣りもするし、波にも乗ります。

屋久島が大好きで、この自然を守りたいと思います。


皆さんはどうでしょう。


屋久島はもちろん観光地、自然の中で遊んで欲しい。

そして自然の中で遊んで感じた事、こんな場所がもっと近くにあれば良いと思ってもらえるのであれば、少し地球に優しい事をしてみてはどうでしょう。


プラの買い物袋は使わない、化学洗剤ではなく天然由来の洗剤を使ってみたり、簡単に物を捨てるのではなく、再利用してみたり。


一人ひとりの小さな積み重ねは必ず大きな物になって、みなさんの環境や生活を変えてくれると思いますよ。


地球に優しい事。それは自分にもみんなにも優しい事につながってきます。


今回もご一読ありがとうございました。




最新記事

すべて表示

自然は美しい。 太陽は毎日、水平線の向こうから優しくも強烈なエネルギーで朝を送りだし、夜になれば地上を惜しむかの様に寂しそうに赤く輝く。 太陽が沈まば、太陽に取って変わって凛とした月が夜空に現れる。 星達も月に負けじと輝いている。 今の季節は冬の寒さをじっと耐えてきた花々が咲き乱れ、日を追うごとに鮮やかな新緑が森を埋め尽くし、鳥たちが春の訪れを嬉しそうに賛美する。 海の波は何万キロもの旅をして海岸